個で目指しても到底成し遂げられいことでも、チームであれば成し遂げられる。

スポンサーリンク

いくら個で頑張っても成し遂げられないことが増えている。

ITの世界では、昔ならインフラから業務、プログラミングの全てをやれていた。

今は一つ一つが複雑かつ変化も激しいので、全てのことを個でまかなえなくなったのが正しい。

顧客のニーズも多様化している。これはITの世界に限っての話ではない。

エイミー・C・エドモンドソン(著)『チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ』から引用。

チーミングは動詞だ。それは、境界のある固定された集まりではなく、動的な活動で的なチームデザインや構造によってではなく、チームワークという考え方やその実践によって、主に生み出されるものである。チーミングは、休む間のないチームワークだ。それは、安定したチーム構造を持たないまま一丸となって働き、協働することを伴う。

変化の激しい時代、また複雑な要件には、チームでなければ答えることが出来ないのが現実。

このことが分かっているかが、生き残れる道ではないかと思う。

チームワークが苦手という人は変化には耐えにくい時代とも言える。

チームなんて得意ではないが、そもそも得意な人はいないと思うから、意識できるか、できないか、ではないかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました