森山 大道 写真哲学① 量のない質はない。

Sponsor

森山大道 氏の著書『昼の学校 夜の学校+』を読んでいます。

写真界の大御所、森山 大道 氏の言葉が心に響いたのでメモ。

ブログのタイトルは「森山 大道 氏から感じる写真哲学」としたが、「学ぶ」ではなく「感じる」とう表現が合う。

本当に沢山写真を撮ってください。絶対に、沢山沢山撮ってください。ひとまず量のない質はない、ただもうそれだけです、ぼくの唯一のメッセージは。

森山大道『昼の学校 夜の学校+』P52

写真はとにかく、足を運びシャッターを切る。

大御所の森山 大道氏が言うのだから、説得力がある。

撮りたいものはいつも撮れわけではない。

めげずに撮りつづけることで、風景に対応する感覚的なものが高まり、それに伴ってコントロールする技術も向上する。

Sponsor

「量質転化」という考え方がある。ある一定の「量」をこなすことで「質」がアップする、というもの。

ピカソは生涯、6万点の作品を残したが、写真の世界についても、まったく同じだと言える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました