在宅ワークでジョブ型雇用が始まる。専門性を追求することが生き残る道。

Sponsor

コロナの時代、働き方は在宅ワークが主流になってきました。

その結果、既に大手企業はテレワークを主体とする「ジョブ型雇用」にシフトしてきています。

ジョブ型雇用(Job-based Employment)

これが何を意味するかというと、専門性をもった人を採用するということです。

そして、在宅で知識、技術を研磨できる人が生き残れる時代になってくる。

昔であれば、大手企業に就職したら、安泰とされましたが、もはやどこのジャンルの仕事も危うくなっていると言えます。

企業に人生を委ねることなく、個々に専門性を追求し、何かに卓越することで、転職もしやすくなるということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました