「人生100年時代」一芸を究める「超二流」の戦略について

Sponsor

コロナの影響でビジネスにも影響が出ていますが、こんな時こそポジティブ思考でいきたいものです。

昨今では人生100年時代と言われていますが、仕事や趣味で長く活躍するためにはどうしたらよいか、を最近読んだ本を中心にしてピックアップして記事にしてみました。

では、よろしくお願いします。

誰にでも超二流にはなれる

全ての人は何かしらの可能性を持っている。
一流は無理でも「超二流」にはなれる。

長く”結果”を残せるのは一流より「超二流」

『超二流 天才に勝つ一芸の究め方』 野村 克也 (著)

これはヤクルトスワローズ、阪神タイガース、楽天イーグルスの元監督の野村さんの言葉です。

子供頃に野球選手やサッカー選手に憧れ将来はプロの選手になりたいと夢があったけど、歳をとるにつれ才能がないことを自覚し、夢を諦めたといういう人も多いと思います。

夢は叶わなくとも、これだけは誰にも負けないという一芸を究めれば「超二流」に誰でもがなれ、時には一流をも倒すことができ、さらには一流より長く結果を出していける、と言います。

一流の選手になるためには、生まれ持った素質や才能が欠かせない。もちろん、プロ野球選手なら誰しも才能は持っているのだろう。だが、その中でも一流になれるだけの才能を持っている選手はそうはいない。

自分のことをすごい選手だ、一流だ、と勘違いしてしまったら、そこで努力をしなくなるし、成長は止まってしまう。

『超二流 天才に勝つ一芸の究め方』 野村 克也 (著)

プロになっても、そこがスタートライン、そこから一流になるのが難しいと指摘しています。

スポーツの分野でプロの選手になれる人は、子供の頃から、遠投ができる、速いボールを投げる、足が速い、運動センス など、持って生まれ持った素質や才能があり、それらを前提に、日々の血の滲む努力を積んだ結果、プロとなっているのですが、なったとたん謙虚さがなくなり成長が止まる選手が多いと野村さんは言います。

では、「超二流」とはどんな人のことなのでしょうか。

「超二流」をあえて定義するならば、自らの強み・長所と弱点を理解して、強みを活かせるように頭を使う選手のことだろう。

『超二流 天才に勝つ一芸の究め方』 野村 克也 (著)

仕事や趣味でもっと活躍したいけど才能がないし”やっぱり無理だ!”と諦める必要はありません。

二流は最後に勝つ。一流を負かすことができる。自分には才能があるとおごらないから、謙虚な気持ちで諦めずに努力を続けることで「超二流」になれる、と断言しています。

野村さんの「超二流」になるための12の極意
※本記事用に書籍より12に抜粋しています

①人は誰しも可能性を持って生まれている

②二流でも最後に勝てる、二流だからこそ「謙虚」でいられる強み

③「自分が勝てる場所」を見つけ、そこで勝負する

④コンバートこそ「超二流」になるチャンス

⑤技術には限界がある。それを補うのは「感じる力」

⑥「超二流」になるために、短所は最低見直す

⑦「努力には即効性がない」ということを知る

⑧「準備」の一流になればいい

⑨プロ入りはゴールではない

⑩人間的な成長を止めるな

⑪素質だけでは、いずれ成長は止まる

⑫他人の評価の中で生きていることを忘れてはならない

全て心に響く内容ばかりです。

個人的には⑧「準備」の一流になればいい、が特に響きました。野村さん曰く、野球でベンチは休憩する場所ではなく、次の準備をする場所だ、と記していますが、心掛け次第で結果は大きく違ってくるのは納得できます。我々の仕事においても会議の進行をする際、事前に議論の構成を準備する、しないでは、その結果は大きく変わってくるでしょう。

その他の極意も、素質や才能で一流となった人が気づかない、意識してコツコツと積み上げていくものばかりですが、

これを実践すれば、誰もが「超二流」になれる、のです。

短所は最低限見直す

12の極意の中でも誰もが実践できそうで、かつ重要な、⑥「超二流」になるために、短所は最低見直す、という点について考えてみます。

「長所を伸ばす」、「短所を直す」か、どちらに力を入れたらよいか意見が別れるところです。

よく「長所を伸ばして欠点を補う」などと言うけれど、これは間違いだ。確かに長所を伸ばして引き出してあげれば、全て上手くいくことはある。ただ、それはあくまで結果論だ。いくらいいところがあっても、欠点を直さないと往々にして長所を邪魔してしまう。だから、まずは欠点を直す。最低限、直す。それを第一に考えるべきだと私は思う。

『超二流 天才に勝つ一芸の究め方』 野村 克也 (著)

普段、他人の短所のことは気になりますが、自分の短所をちゃんと理解してますか?

自分の短所が分かりにくいという方は、経済産業省の提唱した3つの「社会人基礎力」に自分を当てはめてみると足りない部分が見えてきます。

社会人基礎力(経済産業省)
https://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/index.html

1.前に踏み出す力(アクション)

指示待ちでなく、ひとりで物事を捉え、自ら行動する力
・主体性
・働きかけ力
・実行力

2.考え抜く力(シンキング)

自ら課題を提起し、考え抜き、解決のためのシナリオを描く、自律的な思考力
・課題発見力
・計画力
・創造力

3.チームで働く力(チームワーク)

多様な人々とともに、目標に向けて協力する力
・発信力
・傾聴力
・柔軟性
・状況把握力
・規律性
・ストレスコントロール力

長所や強みはある程度まで伸びたら、それ以上伸ばすのはなかなか難しいと思いますが、普段あまり意識していない短所はちょっと意識すれば改善されることが多いのではないでしょうか。

現在、チームで作業をやっているのであれば、メンバーどうしで補完できればいいじゃん、と思いがちですが、昨今ではテレワークが広がり、主体性をもって一人である程度は成果を出していかなかればならない、状況が増えてきます。

そのためにも、自分の足を自分で引っ張らないように、

野村さんも言っている「最低限」短所を直して自分の平均点を上げていく努力は必要です。

また、人生100年時代と言われますが、「人生100年時代」に求められるスキル、という内容が経済産業省から新たに提唱されていますが、「社会人基礎力」に「専門スキル」が追加された内容になりますので、参考にしてみてください。

これからは他社でも通用する専門性の高いプロフェッショナルのスキルが必要になってきます。

努力には即効性がない

自分の力量を過信しないから努力をする。それが「超二流」という成功への道だ。

根気よく続けて、2年勝3年経ってからようやくその成果が見え始める。だから素振りや努力を続けていくことは難しい。特に最近は、ピッチングマシンがあるから素振りをやらなくていいような気がしてしまうのだろう。いつでもすぐに室内練習場に行ってマシンで打撃練習。ただ、何事にも段階がある。いきなりマシンの打撃練習では基礎を飛び越えて基本・応用をやっているようなもの。身につくべき基礎が身についていないから、いくら基本や応用をやっても本当の力は身につかない。

『超二流 天才に勝つ一芸の究め方』 野村 克也 (著)

誰もが仕事や趣味において一流になりたいと考えていると思いますが、素質や才能については前述しているとおり、持って生まれたものが大きいと誰もが認識していますが、特定の分野に限定すれば「努力に勝る天才なし」とすることが可能です。

達人と素人の違いは特定の専門分野で一生上達するために、考え抜いた努力をどれだけ行ったかの違いである。

『究極の鍛錬』 ジョフ・コルヴァン (著)

音楽家のモーツアルトは、生まれ持った天才の持ち主とされていますが、残された楽譜を見ると、書き直し、やり直し、一部を書いては数か月、ときには数年にわたって置いておくこともあったようで、本当のところは努力の天才だったのかもしれません。

1997年に史上最年少でマスターズを制したプロゴルファーのタイガーウッツも才能のことについては、これまで一切口にすることはなく、成功の秘訣は「ひたすら練習をすることだ」、と述べていますが、偉大なキャリアは常人離れした練習量によって築き上げられたものです。

ジョフ・コルヴァン(著)の「究極の鍛錬」では、一流と二流の差を生み出す要因は、単なる「努力」、あるいは「才能」ではないと記しています。そして、下記の「正しい努力の5つの要素」を定義しています。

1.業績向上のために特別に考案されている(しばし講師の手を借りる)

実績を上げるのに改善が必要な課題を特定し、それを継続的に鍛え上げていく必要がある。個人の能力向上のために最適なメニューを考案する講師の支援を受ける。

2.何度も繰り返すことができる

特定の活動を何度も何度も繰り返すことが求められる。

3.結果に関してフィードバックを受けることが出来る

鍛錬の成果をフィードバックする必要がある。成果がわからないと上達せず、注意深く練習をしなくなってしまう。

4.精神的にはとてもつらい

自分の技術や能力の至らない点を、継続的に洗い出し、改善しようとするため、精神的な負担が大きい。

5.あまり面白くない

究極の鍛錬では、不得手なことにしつこく取り組むことが求められる。そのため、楽しいものではない。

専門分野に関しては、考え抜いた努力を継続することで、才能に勝ることができる、と定義しています。

自分の勝てる場所で戦う

自分の勝てる場所を見つけて、そこで勝負する。これだけは誰にも負けないという強みを見つける。そうすれば生きる道はおのずと開けてくるはずだ。野球だけの話しはない、どんな仕事、会社、組織でも同じことが言えるだろう。

『超二流 天才に勝つ一芸の究め方』 野村 克也 (著)

強みや長所を伸ばすという意味では野村さんも言っている「自分の勝てる場所を見つける」ことは、多様化したこのご時世では大切な要素ではないでしょうか。

自分の勝てる場所で活躍し実績を残した方といえば、男子元陸上競技選手で、400mハードル日本記録保持者の為末 大さんのこんな話しがあります。

世の中には、自分の努力次第で手の届く範囲がある。その一方で、どんなに努力しても及ばない、手の届かない範囲がある。努力することで進める方向というのは、自分の能力に見合った方向なのだ。

『諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない』為末 大(著)

為末さんは、高校時代に100メートル走の選手だったのですが、強豪との競争を避け、400メートルハードルに切り替え、「勝てるところで勝負する」戦略でメダルを目指し、夢を実現しました。

元メジャーリーガーのイチローは高校時代はピッチャーだったのも有名な話しですが、バッターに切り替え、結果を残していきました。

為末さんは、勝てないのは努力が足りないのではなく、しっかりと自分に合うものを見つけ出してそれに注力した方が良い、軸を形成するためにはたくさんのもをみることと手放すことで形成される、と記しています。

目の前のものを追うのではなく、自身の特性や経験を踏まえ、俯瞰(高いところから見下ろす)して見て判断することが勝つためには必要である、ことが分かります。

何かを「やめる」ことは「選ぶこと」、「決める」ことに近い、と為末さんは言いますが、もともと、才能があるトップクラスの選手でも、勝てる場所で戦う戦略をとっています。

「何でもできるは、何にもできない」と比喩されるように、我々のITの世界でもダイバーシティ(多様化)が浸透した昨今です。

企業や個人も、勝てるフィールドを見極め、専門性を高める、ことは重要なことだと考えています。

まとめ

・長く”結果”を残せるのは一流より「超二流」

・自らの弱点を改善し、強みを最大限に活かす

・努力には即効性はない、考え抜いた努力が必要

・誰にも負けない専門性の高いプロフェッショナルを目指せ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

参考書籍:
『超二流 天才に勝つ一芸の究め方』 野村 克也 (著)
『究極の鍛錬』 ジョフ・コルヴァン (著)
『諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない』為末 大(著)

コメント

タイトルとURLをコピーしました