汚さないこそ理想の作陶。汚さずに済めば粘土を無駄なく最大限に利用できている

Sponsor

ロクロを引いたところです。

ロクロを引く上で気をつけていることは、いかに泥(ドベ)でロクロの周りを汚さない、ということ。

汚すということは、水分量やアプローチに無理があり、やはり作業に無駄があるんだと思うので、毎回いかに汚さないかが目標です。

汚さずに済めば粘土も最大限に使えたことになり、捨てている部分が少ないことになります。

そうすれば、後片付けも楽なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました