これまでの経験や思考で自分ロボットになろうとしない。

スポンサーリンク

鈴木俊隆(著)『禅マインド ビギナーズ・マインド 』を読んでいます。

著者は、アメリカに禅を広めた、曹洞宗の僧侶ですが、スティーブ・ジョブズも愛読し、影響を受けたと言われる本書。

普段、やることがあれば、過去の成功や失敗体験にもとづいて、自分に指示を出そうとします。

しかし、スケジュール、相手のこと、お金のこと、体力のことなど、色んなこと考え過ぎて動けなくなってしまうこともあります。

私たちは、毎日、毎日、自分がなにをしたか、忘れるべきです。そして、なにか新しいことをしましょう。これが本当に「執着しない」ということです。もちろんなにか新しいことをするためには、過去を知らないといけない。それはかまわないのですが、ただ行ったことにとらわれなければいいのです。後悔はしない。ただ振り返るだけです。そうすれば、これからなにをしたらいいのかわかってきます。しかし、未来は未来であり、過去は過去であり、今だけが新しいことをするときです。これが私たちの姿勢であり、生き方です。

何事にも執着せず初心者の時の「無」から始めることが本来の心の状態であり、そのような状態にある時こそ、常識にとらわれない新しい創造ができる、と著者は言います。

過去の経験から「今度こそ達成しよう」「あの時こうすれば良かった」「あれをやったから何かを得た」など、策略や損得ばかりと考えていると、純粋性は失われ新しい発想ができません。

そんな過去の経験はロボットに情報をインプットして、その通りにやってもらえば良いことです。

今の環境、肉体、味覚でどう感じるかが重要であり、過去の体験や思考が、未来の妨げにならないようにしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました