久しぶり食べた担々麺(だんだんめん)は、やはりクセになる味だった。

スポンサーリンク

赤坂は国会議事堂前にある、昭和39年創業の支那麺屋『はしご』

国会議員はもちろん、安倍総理も来るようだ。

銀座が本店のようだが、
以前、六本木で働いていた時に、今はもうないが、『よかろう』という店があったが、この店の姉妹店だった。

東京に出てきて、はじめて豚骨とは違う旨さを知ったのもこの一杯だった。

メニューを見れば分かるが、担々麺(だんだんめん)と呼ぶ。

担々麺(たんたんめん)ではない。

四川の紅油を使った真っ赤スープ。

ほのかな柚子の香り。

実はこれがクセになってしまう。

ちなみに、ご飯は無料。

とくに、二日酔いの日は最高。

これが担々麺(だんだんめん)である。

では。

何度食べても安定の辛さと旨さ。

中細麺はあっさりした食感がいい感じ。

でもって辛い。

肉厚の豚バラチャーシューはホロホロ絶妙のやわらかさ。

やっぱり、こうなってしまう。

また来るよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました