Craft & Note

読書の秋と「これ、いいんじゃないかなあ」という感覚

スポンサーリンク

夕方はめっきり秋めいてきました。

何もしないまま、あっという間に夏が終わった感じ。

久しぶりに、何か本でも読んで刺激を受けようと、森 正洋(著)の『森 正洋の言葉。ザインの言葉。』

森 氏は日本の陶磁器デザイナーで、長崎県の波佐見の白山陶器の顧問デザイナーを務めていた方。

“華美ではなく、かといって平凡でもなく、使っていて飽きのこないデザイン” というコンセプトのもとつくられています。

以下は、本書の中の言葉より。

ふだん何気に使っていて、ふと何かのときにパッと見てみたら「案外これ、いいんじゃないかなあ」といよなものが僕は最高にいいものだと思います。

長く使いたくなるモノには。

これ、いいんじゃないかなあ、と言う感覚。

分かる、それです、それなんです(笑)

umimitaをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日は海みた? 湘南 茅ヶ崎の海 | Shonan Chigasaki Craft Design

コメント

タイトルとURLをコピーしました