Photo & Note

伝説の写真家 ソール・ライター / 写真に重要なのこと①

スポンサーリンク

窓越しからの風景写真。

これはニューヨークが生んだ伝説の写真家ソール・ライターの撮ったもの。

写真を撮る時は障害物が無いところを探しがちだが、ソール・ライターはむしろその逆の発想。

重要なのは、どこで見たとか、何をみたとかいうことではなく、どのように見たかということだ。

ソール・ライターのすべて

そこにある障害物を含めた全てを情景として切り取る。

とても勉強になります。

これは歩道からみた車。

なのに映画のシーンのようにも思えます。

撮る景色がない、撮る機会がない、と考えずに今ある環境から見方を変えていかに切り取るかが大切と思います。

umimitaをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日は海みた? 湘南 茅ヶ崎の海 | Shonan Chigasaki Craft Design

コメント

タイトルとURLをコピーしました