Noodle & Pasta

【平塚】湘南でもココ!感染対策も万全、創業時から通い続ける『一蘭』へ行ってきました

スポンサーリンク

久しぶりに平塚の一蘭に行ってきました。

平塚店は駐車場が24台ある最高の環境です。

いまどき、人混みはなるべく避けたいので、こうして車で行けるお店はとても有難いです。

一蘭はもともとは、老夫婦が細々と営む大衆ラーメン店でしたが、現在の一蘭として福岡市中央区にある「那の川店」として1993年に1号店がスタートしました。

私が初めて食べた一蘭も1号店「那の川店」でもあります。

そのあと、福岡市西区の姪の浜店へ通いました。

そして、東京進出初の店舗の六本木店にランチや呑んだ帰りに通いました。 ※2022年3月に閉店

さらには、新橋店にも仕事帰りに通いました。

最近では、平塚店に車で通っています。

一蘭の歴史は、私の東京進出の歴史と同じ。

「味集中カウンター」

もともとは、ラーメンに集中する為のこのテーブルでしたが、このご時世の感染対策として完璧なるスタイル。

味に集中 = 会話なし

お店の方とも距離をおけるカウンターは、安心安全な究極のカタチと言っても良いかと。

メニューもシンプル。

全国どこで食べても同じクオリティ。

とんこつラーメンというより、一蘭ラーメン。

その変わり、「記入式オーダーシステム」で、味の濃さ、こってり度、にんにくの量、ねぎの種類、チャーシューのあり、なし、秘伝のたれの量、麺の堅さが選択できるのも良いです。

伝家の宝刀。

もちろん、替え玉。

替え玉からが本気モード。

『この一滴が最高の喜びです』

佐賀県有田町で作られたどんぶりの底には「この一滴が最高の喜びです」と書かれています。

最後の一滴まで味わっていただいた感謝の気持ちを込めてのメッセージだそうです。

こんな記事もあります。

一蘭の東京進出の歴史は私の歴史。関東でも気軽にいつでも食べられる一蘭。
久しぶりに一蘭に行ってきました。一蘭は福岡県の那の川店から ...
umimitaをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日は海みた? 湘南 茅ヶ崎の海 | Shonan Chigasaki Craft Design

コメント

タイトルとURLをコピーしました