Life & Design

ジャズ漫画『BLUE GIANT 1』は無くしたものを思い出させてくれます

スポンサーリンク

めっきり漫画は読まなくなりましたが、唯一、ジャズ漫画『BLUE GIANT(ブルージャイアント)を読んでいます。

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本 大のサクセスストーリーです。

オレは、世界一のジャズプレーヤーになる。

BLUE GIANT 1 石塚真一

この熱いフレーズがたまらなく好きです。

きっかけは、友達に誘われたJAZZライブ。

主人公の宮本大は、テナーサックスで世界を目指していきます。

宮本大は明けても暮れても川原で、雨の日はトンネルで、ひたむきに練習に励みます。

上手くなりたい人、プロを目指す人は、これくらいのひたむきさ、熱量がないと駄目なんだ、と忘れていた気持ちを奮い立たせてくれます。

1巻では、私も好きなテナーサックス奏者のジョン・コルトレーン、チャーリー・パーカー、ジョニー・グリフィン、デクスター・ゴードン、ハンク・モブレーと名だたる名前がでてきます。

モダンジャズの帝王、トランペットのマイルス・デービスの名前も出てきます。

その他には、セロニアス・モンク(ピアノ)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ビル・エバンス(ピアノ)の名前も出て、JAZZファンなら楽しくなる内容になっています。

演奏シーンは、絵から音が聴こえてくるようなリアリティある描写になってますので、絵のクオリティの高さも注目ものです。

何か熱いものを無くした我々おじさん世代、久しぶりに青春の熱量を感じたい方にオススメの漫画です。

umimitaをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日は海みた? 湘南 茅ヶ崎の海 | Shonan Chigasaki Craft Design

コメント

タイトルとURLをコピーしました